CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
                     
関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 8/26大阪レポ

渋谷すばるがいない6人体制の関ジャニ∞、大阪ラストに参加してきました。

本当は土曜日も申し込んでいたのですが、落選してしまって…。

お友達のおかげで1公演だけ入ることができました。本当に感謝です!!

 

台風で飛んだ1公演も、無事11月17日(土)19:00に振り替えが決まりましたね。

亮ちゃん曰く、「振り替えをやるからって、交通費とか宿泊とかに代えられるわけじゃないけど、まずは1回!」とのことです。

振り替えの話から、たっちょんが腸閉塞で1回欠席した時の話題が蒸し返されました^_^;

ヨコ「京セラって予定が埋まってて、なかなか取れないんですよね」

ヒナ「何でやろな?もう、京セラは台風で中止になったり、(大倉が)腹壊したり」

全員:笑

大倉「もう、それ!DVDにもなってるから、笑い事にならんねん!(焦)」

亮「ごめん、ごめん(ニヤニヤ)」

この話題を皮切りに、たっちょんは「腸閉塞!チョウ・ヘイソク!」とあだ名をつけられ、

10分間ぐらいずーーっといじられておりましたよ。自虐で、「韓流スターやないんやから!」と弱々しく反撃するたっちょん。

そんな中、亮ちゃんとヒナちゃんは、舞台で牛乳を飲み始めたのです!信じられん。

ヒナちゃんは亮ちゃんに勧められて飲んだら、意外とイケる!と思ったらしい。

大倉くんにも勧めるも、「アカン!乳製品飲んだら、すぐお腹が壊れる!」と拒否しておりました。そりゃそうだ…。

 

MCでは、安くんの体調についてが話題でした。

ヒナ「安くんが大阪3日目やのに、調子よさそうです」

大倉「体も動くようになって。確実に良くなってますね」

ヤス「しゃがめるようになったあ♩」

ヨコ「前は、しゃがむたびにAIBOみたいやったもんなあ」

亮「ASIMOでしょ!横山くん、犬ちゃうから!」

ヨコ「あ、そうやった(笑)でも、犬みたいなもんや♩」

ヤスは走ったり、ボクササイズもできるようになったそうです。順調ですね!

 

ここで後輩(キンプリ)の話に。

大倉「名前がな、格好いいよなあ。ショウとか、レンとか。俺ら、リュウヘイとタダヨシやもんな」

一同:爆笑

大倉「亮はいい!シンゴもいい!」

ヨコ「ユウもいいやろ!」

大倉「キミタカやん!(笑)」

たっちょん曰く、4文字はやばいそうです。なんでだろ?語呂?

 

最後の挨拶では、1人1言ずつコメントがありました。

亮ちゃんは、すばるくんはいなくなったけど、彼を応援していきたい。応援するって言うしかないでしょ?と少し寂しげ。

これは冒頭でも言ってましたが、牛のように一回食べて、戻して、もう一回食べて、反芻しながら今の状況を消化していって欲しいとのことです。

 

ヨコは、「びっくりすることが起きて、僕たちも衝撃を受けました。僕も少しずつ消化していこうと思います。新しい関ジャニ∞をスタートしていきたいと思ってます」と、感情は置いておいて、決めた言葉を淡々と話している印象でした。感情がなさ過ぎて、少し心配になる。

丸ちゃんは、「グループっていろいろあるよね。でも人生だっていろいろあって、それを人生の一部にしていくしかないんだよ。ネガティブな感情は、コンサートで発散して!」と結構現実的な事を言ってファンを慰めていました。

 

たっちょんは、言葉を探しながら、なんとか伝えようとしていた印象。「関ジャニ∞は浮き沈みのあるグループ。全員が違う方向を見ていた時もあった。同じ方向を見ているようで、そうでなかったのかも。関ジャニ∞ではできないことがあったということだから。進んでいるようで、立ち止まっていたのかもしれない。僕は、包み隠さず、伝えていきたい」というような事を言っていました。

ヤスは、自分の体調が良くなってきたのは、みんなのおかげだと感謝していました。グループが存続するというのは、奇跡なんだよ、とも。

 

夢を与えるはずのアイドルが、リアルを語るのを聞くのはつらいものです。

でも、避けては通れない。

人は変わっていくのだから。

それだけ、時が流れた。

昨年の今頃は、まさかこんなことになるとは思わなかったし。刹那的だからこそ、アイドルは輝くものだけど、それでもやっぱり寂しい。

こういうグループのターニングポイントで、お兄ちゃんのヒナとヨコが仕切らず、亮ちゃんが一身に背負ってるのが何か違和感。

新しいセンターだから、それでいいのかな。みんな違う方向みてない?って来年を心配してしまう。消える時はあっという間だ。

NEWSから亮ちゃんが抜ける直前、書いていた歌詞「混ざり合わなくてもいい、お互い信じる道を進めばいい」みたいなの、ありましたよね?それって…グループの歌なのに、それでいいの?って思ってたけど、そのままグループを抜けてしまった。

 

深読みしすぎかな。

次は東京!少しでも涼しいと良いなあ〜。

 

 

 

 

 

 

 

| NEWSコンレポ | 23:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 7/22名古屋レポ

本日は名古屋2日目でした。酷暑の中、無事帰ってこれてホッと一息です。

ツアーを冬に戻してほしいよ、正月あたりに(懇願)。個人的なお願いですが。

 

それは置いといて、と。

昨日の号泣から一夜明け、少し落ち着いて見ることができましたが、やはり長年応援してきたグループだけに、

思い出が多すぎて…。しかも記念イヤーで昔の懐かしい曲も多く、ウルウルきてしまいました。

深く考えるとおかしくなりそうなので、脳が拒否してるのか?

それでもやっぱり、生で6人体制の彼らを見て、彼らが伝えたい「現実」を知ることができたように思います。

今回のツアーに参加できて、よかったと思う。一緒に応援してきたお友達と見ることができたのも、大きかった。

一人じゃ、モヤモヤしてどうにもならなかったと思うから。本当にありがとう。このお友達は、エイトがくれた私の宝物です。

 

★オープニングMC※一語一句正確ではないです。ニュアンスでお読みください。

亮「みなさん、元気ですか?大丈夫ー?受け入れてますか?あの〜あの〜…あのね(言葉がなかなか出てこない)。今日ね、来てくれてありがとう。彼はもう、ここに出ることはありません。それが現実です。

パートとか、慣れないこともあると思うし、どこかに彼の魂が宿っていると思うので、来てよかったと思えるライブにしたいです!」

初日より少し力が抜けている感じ。ようやく緊張が解けてきたのか。

 

★MC

ヒナ「昨日、何してた?」

出たああああ、ツアーの合間に何してたかの話!いつも楽しみなんですよ。わくわく!

ヨコ「そんなん言ったら、俺チクルぞ!大倉が被害者ちゃう?」

大倉「ラジオ終わりに、亮ちゃんところに合流して、飲み足りないから、丸ちゃんに声かけたら、『一杯だったら付き合ってもいい』って高圧的に言われてん。

午前3:00頃に戻ったら、もう丸、べろんべろんに出来上がってて、びっくりした!丸が、『ラジオ聞いたよ、お前は真面目なこと言うなあ、ええ奴や!』っていうから、『いや、お前もやんか、あったかいで』って言ってたら、丸が『最後の挨拶、あれでよかったんやろかって』って悩みはじめて。俺が、『人それぞれやから、それでいいんやよ』悩みはじめて、って伝えたら、丸、寝てんねん!」

とんでもなく自由な丸ちゃんみたいですね。

じゃあ、寝ようと思ってたっちょんが部屋に戻ろうとしたら、丸ちゃんが付いてきたそう。

ヨコ「おれー!それに遭遇してん。わー!ってなった!トイレに行こうとしたら廊下で遭遇してしまって」

大倉「帰ろうとしても、きゃっきゃきゃっきゃしてて、『しーーーっ』って5回ぐらいしたのに!うるさくて!午前4時ぐらいにそれなんですよ!」

丸「楽しかったなあー」

大倉「そのくだり、丸は全然覚えていないんや」

 

この騒ぎで、安も目覚めて聞いていたそう。

丸「アッ、ごめんな!ごめんな!」

安には全力で謝る丸ちゃんなのでした。

エイトはホテルのフロア貸切なんですねえ。

ちなみに、ヒナちゃんは爆睡だったそうです。

大倉「丸ちゃん、あそこまではやめて!俺も迷惑かけることはあるけど…あっ、お互いさまかあ♪」

亮「起きてたけど、覗く勇気はなかったわあ。うるさかったな!」

 

MCの後半は、ヒナちゃんの話。独特の言葉を使うヒナちゃんに、メンバーからクレーム。

ヒナちゃんは、下記のような日本語の使い方をするそうです。

 岼み物飲む」→「口濡らす」

◆屮好泪曚暴偲鼎垢襦→「飯食わす」スタッフには、「おいしいの食わしといて」とお願いする。

このグループ内だけだったらいいけど、他の現場でそれ使ったらびっくりされるから、辞めれ!とメンバーからクレーム。

それに対し、ヒナちゃんが一言「ホットな気持ちになるやんかあー」だそうです。

確かに、ヒナちゃんって息子をセガレって言ったり、カップルをアベックって言ったり、ちょっと独特ではありますね。

 

★最後のあいさつ

ヨコ「記者会見で脱退の発表をして、驚かせてしまいました。違和感だらけかもしれませんが、現実はやっていかないといけない。メンバーが改めて、格好良いと思いましたこれから精一杯、がんばります!」

 

丸「炎天下の中、来ていただいてありがとうございます。いろいろ考えてもしゃーない。やっていかなきゃならない。こうして、みんなと心と心で会話できて、嬉しい。人生なにも起こらないってことはないでしょ?家族や友達とか…いろいろあると思う」

 

大倉「3日目が終わろうとしていますが、最初はリハの時、歌割どうするーとかありましたけど、ピースが1つかけて、埋めることしか考えてなかったけど、それはちゃうなって思いはじめて。僕は、彼の代わりではない。忘れろ、とは言いません。ダンスとかもね、まだ全力ではできないと思うけど。可能性を信じて、やっていくだけ。笑ってもっと大きくなる僕らを、見守ってほしい」

 

亮「そうですねえ、何でしょう。いつもと違うよね。でも、1人抜けてやっていけないグループなんかじゃない。

すばるを見に来た人には、冷たい言い方かもしれないけど…みなさんより、僕らは1歩先の部分を動いているんで。信じてついて来てほしいです」

 

安「わたし鏡、こんなにも今にピタッとなる時が来るなんて。僕もいろいろあって、皆様に支えられてここまでこれたんで、これからは僕が健康になって恩返しできればよいと思う。でもまあ、しこりはあるのかもしれませんが、ひとつひとつ、進められたらよいと思います」

 

村上「すごいでしょ、関ジャニ∞って!!で、時間は良くも悪くも残酷でしょう。ここに来るまで、どんな気持ちでいればいいんだろうって思ったと思うけど、どうですか?…現実?楽しいでしょ!」

うーん、ヒナちゃんがポジティブでよかった。

| レコメン レポ | 00:16 | comments(5) | trackbacks(0) |
関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 7/21名古屋レポ

久々の更新です。渋谷すばるが脱退を表明してから、初めての6人でのツアーが始まりました。

私的には名古屋の7/21が初日です。

すばるの脱退ついては、脱退会見も見たし、番組で出演ラストの回など間接的には映像で確認していたけれど、

どうしても現実として受け入れることができていませんでした。

本当に…?っていう心境で止まっているような。

今回、初めて6人の姿をみて、自分がどんな気持ちになるのか?と思いながらの参加でした。

 

オープニングでは、DNAが引き継がれて、次の世代へ…「再生」のようなムービーが流れ、新生関ジャニ∞の誕生!とばかりに、赤ん坊の泣き声が流れます。

 

そして、いよいよ6人の登場。

Jwebでもリーダー宣言をしていた亮ちゃん、センターでまず口火を切ってくれました。

亮「大丈夫ですか?いつもと並びが違いますよ!」

ファン「……(戸惑い)」

亮「うん、そういう感じになりますよね(苦笑)!自分の記憶と違うと思うけど、慣れて!!しょうがない!」

優しく諭すように話し続ける、亮ちゃん。

亮「すばるファン!今日は、彼がいないのに来てくれてありがとう。彼がいたグループは、こんなだったと再確認できるかもしれへん!また来てくれとは言えへん!でも、今日は楽しんでいって欲しいです。今日から再スタートです!楽しんでいってください!」

 

あくまでも明るく諭すように…前向きな宣言とともに、コンサートは始まりました。

現実だから、仕方ない。受け入れて。その代り、全力でがんばるから!と何度か言っていたと思います。

基本的には亮ちゃんがメインで話して、他のメンバーが続くのですが、横はまだまだ複雑な表情、

丸ちゃんは安定の高テンション、たっちょんは相変わらず俯瞰からグループを見ていて、安とヒナちゃんは普段通りに見えました。

 

ベスト盤のツアーなので、曲はほとんどがシングル、昔の懐かしい曲もあったり、ツアーとしてはすごく楽しめました。

 

ただ、彼がいない。

 

そして、ヘブンリーサイコが始まった時に、自然と涙が溢れる自分がいました。

エイトコンでこれほど泣いたのは、いつぶりだろう?って思います。2006年のカンフーファイティング第二弾コンの横浜以来かも。あの時は、メンバーもみんな泣いていた。

私にもこんな感情が残っていたのか。

ああ、道が分かれたんだと、やっとわかった気がした。

あれから、こんなにも時間が流れてしまった。

残された彼らはどこまでもプロフェッショナルで、私たちを楽しませようとひたむきでした。

それでも、歩いていかないといけないんだと…。

 

こうなってくると、すべての曲の歌詞が「渋谷すばると、グループの行く末ソング」に聞こえてきてしまって、やばいなーと

思っていたら、ヤスくんが「そういう風になりがちだけど、そうじゃないんだよ」って言ってて、わかってるなーと感心してしまった。読まれてる。

 

すばるが自分で下した発展的脱退だから、受け入れようとは思うけど、やっぱり時間がかかりそうです。

すばるのパートを誰かが歌う度に思い出すし、いろんな思いが錯綜してしまう。勝手に歌詞に重ねて、グッときてしまう。

 

ヒナちゃん「いろんな感情があると思いますが、僕らは受け止める準備はできています」

メンバーも察して、たくさんの言葉を投げてくれました。

ヤスくんの体調に配慮したこともあり、バンド中心の内容でしたが、全然違和感がなくてそんなことも忘れてしまうぐらい。

無理していないと良いのですが…。

 

最後に亮ちゃんが「渋谷すばるファン、楽しめましたか?」と聞いたら、ドーム内は少しまばらな拍手。

何度も、「本当に?本当に楽しめた?」と聞き続ける亮ちゃんなのでした。

| レコメン レポ | 11:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
渋谷すばるのことで頭がいっぱい・・・

まだまだ、すばるの退所が心の中で整理できなくて、気を紛らわすために、

昔のツアーパンフレットなど見ておりました。

2015の冬ツアーのパンフレット中に、「渋谷すばるに聞きたい88のコト!」に、気になる質問が。

 

Q 私にとってエイトは生きがいです。何歳までアイドルしてくれますか?

A いったん、35歳ぐらいまでっすかね!

 

Q 尊敬する先輩は?

A 特にいません

 

Q ビブラートは練習したんですか?それとも生まれ持った才能なんですか?

A   一回も歌を教わったりしたことがないから、自然にですね。

 

すでに、パンフレットにもさらっと書いてある、今回の会見にリンクする言葉。

もっとしっかり読んでおけばよかったな。でも、まさか退所するなんて、思いもしなかった。

 

心を落ち着けるために、すばるの門出にあたり、どんな曲がよいか考えてた。

関ジャニ∞って、応援ソングが多いから、いくらでもあるなーと思う。

 

「青春のすべて」作詞:水野良樹. 作曲:水野良樹.(一部抜粋)

きっと僕らが生きる明日は

悲しいけどもうひとつじゃない

それでも君がくれたぬくもりだけが胸になるんだ

僕らがみたのは 青春のすべて 忘れはしないよう

季節が変わっても

 

「今」作詞:akira nise. 作曲:akira nise(一部抜粋)

いつまでも 此処に居たいけれども旅立つ夢を

見てしまったことを

貴方に祈りを捧げるよさよなら またいつか 会うまで

夢を見たから 胸の中から

手を伸ばし君の肩を叩くから

いつか目の前 たどり着けたら

くだらないことで

笑い合えるかな

未来を作る 今 今 今

 

キングオブ男(一部抜粋)

作詞:若旦那(from 湘南乃風). 作曲:TAKESHI.

 

根性決めた日 男らしくダチと分かれて旅立ち

遠ざかる街に背く足 先を急いでる野心

“ 傷ついた方が人の痛みを知れる”

とさよならの時に背中をたたいてくれた

 

なんか、今、過去の映像をずーっと見てます。ツアー、いっぱいいっておいてよかった。

すばるのソロコンも2回行ったし、そういう意味では後悔はない。

 

でもでも、まだいっぱい、キラキラのすばるを見ていたかった。

| 関ジャニ∞ | 20:47 | comments(6) | trackbacks(0) |
渋谷すばるがジャニーズ事務所を退所してしまう

まさか、まさかの事態が起こってしまいましたね。

朝から、「関ジャニ∞のメンバーから大切なお知らせがあります。本日11時より、下記URLからファミリークラブサイトをご覧ください」みたいな怖いメールが事務所から届いており、心臓バクバクでした。

 

会員サイトには、渋谷すばるが関ジャニ∞を抜け、ジャニーズも退所するとのことが記載されており、

メンバーからのメッセージも一つ一つ記載されておりました。

午前中には緊急記者会見もあり、その間もお友達とラインしながら、

落ち着かない一日を過ごしました。

すばるの主張としては、これからは海外を拠点として音楽活動をしたい。そのため海外留学をし、音楽と語学を学びたい。とのことです。

 

メンバーも相当引き留めたようですが、彼の決意は固かったよう。

この時、大倉さんが結構核心を突いた発言をしておりまして、

「大倉:それを関ジャニ∞にいて叶えられない夢なのか、

疑問に思ったことはぶつけました。海外でやる意味、それは日本にいて叶えられない夢なのかと。

(渋谷が)自分の人生ていうことで考えてやってきた時に、

僕たちの人生はそのまま続くわけではなくて、変化するわけで。

その上での決断なのかと質問をした時に、[それは申し訳ないけれど、自分の人生を優先させてもらった]とのいうのを聞いて、俺らのことを考えた上での決断なら、もう言うことはないですね」だそうです。

 

すばるがやりたいロックと、関ジャニ∞のエンタメ性の高い音楽は全く違うものではあるが、

彼の中で折り合いをつけて、楽しんでくれていて、これからもエイトにずっといてくれるものだと

信じていました。

 

でも、そうじゃなかった。

ロックは、フラフラやJロック、味園ユニバースやソロツアーで披露していましたが、やはり今の事務所では

できないことも多かったのかもしれません。

 

今回、会見を開いてくれたことに感謝します。

本人の口から聞けたことは、とてもありがたかった。

だた、年末まで籍は置くものの、夏のツアーには参加しないそうです。これ!なんで?ってなるでしょう?

すばるはオファーがあればやる気持ちだったようですが、事務所からNGのようです。さすが、去る者の花道は

用意しない事務所。会見開いただけでも奇跡なので、それ以上は言えないけれど。。。

 

やはり、ツアー出てほしかった!最後のすばるのアイドルスマイルを、ダンスを、歌を、に焼き付けたかった。

ずーっとずーっと応援してきたんだもん。。。

 

| 関ジャニ∞ | 21:56 | comments(3) | trackbacks(0) |
関ジャニ’sエイターテインメントGR8EST あなたはどこに行く?

お久しぶりですー!桐生はるかです。

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。

まだ生きてます。

ツイッター見てるかたはご存じだと思いますが、体調が優れないことが多くて、

痛みに耐える日々は、私から娯楽へのモチベーションを奪っていきました。

 

今年は少しは持ち直してきたので、ツアーやアルバムなど

情報を集めつつ、楽しめたらよいなあと思います。私の唯一の生きがいなので。

ネガティブですいません。現実世界では、こんなこと絶対いえないから、ここで言うわ。

 

関ジャニ’sエイターテインメントGR8ESTツアーが発表されましたね!

あー、その時までに少しでもよくなりたい。

ちなみに、狙っているのは[名古屋]土日、[大阪]土日、[東京]金土です。

 

デジチケになって、少しは倍率は下がるのでしょうか?

なんだか、不安です。。。

| 関ジャニ∞ | 23:37 | comments(4) | trackbacks(0) |
亮ちゃんが大河ドラマ「西郷どん」に出演する件について

なるほど、今年の夏は亮ちゃんのドラマ進行で、夏ツアーになったわけなんですね。

こうなった今、冬ツアーは絶望的になってまいりました。

 

2018年大河ドラマ「西郷どん」

【放送予定】

2018年1月から(全50回)
【収録スケジュール】
2017年夏 クランクイン

 

なるほど、夏からすでにクランクインしてたんですねえ。つまり、ここから来年一年間何もできないっつーことなのでしょうか?

次のツアーは来年の夏、なのでしょうかね(悲)

調べてみたら、岡田君が過去に出演した時は、(not主演)、夏コン→カウコン→春コンって感じでした。

うーん、てことはやっぱ夏かな?春ってあんまりないよね。

 

主演の鈴木亮平さんは、「パパドル!」で共演してましたね。

奇しくも、その時は亮ちゃんのドラマ共演者で、特別扱いされている亮ちゃんに苛立ちを見せるという役でした。

これが、この5年で逆になってしまった。

 

「パパドル!」は、亮ちゃんがNEWSを脱退した次の年。

主人公の現役アイドルに、亮ちゃんが本人役で登場したドラマで、亮ちゃんだけではなく、関ジャニ∞のメンバーやタレント、アーティスト、ジャニーズ事務所も実名で出てくる。つまりジャニーズ事務所全面協力という、これまで聞いたことのないスケールでドラマが制作されました。

亮ちゃんが「ジャニーズ事務所の未来を背負って挑んだドラマ」ともいわれています。

そんなわけで、コラボもすごい!

  • 第1ドル
    • ひみつの嵐ちゃん!
    • 映画 エイトレンジャー∞
  • 第2ドル
    • TV LIFE / 撮影:花井透
    • A-Studio
  • 第3ドル
    • ひるおび!(ラスドル)
    • 有田とマツコと男と女
  • 第4ドル
  • 第5ドル
    • 山里亮太の不毛な議論
  • 第6ドル
    • ハンチョウ5〜警視庁安積班〜
  • 第7ドル

あの、嵐様をバーターに使うとは!!ジャニーズの意気込みが伝わってきますね〜。

私はこのドラマで、亮ちゃんの人気がかつてのキムタクばりに爆発して、関ジャニ∞人気ブームがおこり、ついに国民的アイドルに王手をかけるのでは!?と思っておりました。

が、結果はあまり視聴率もふるわず、それどころか、その後主演した深夜のドラマ「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」のほうが、視聴率が高いぐらいだったのです。

 

うーん、不思議ですね。あれだけのお膳立てがあったのに!

私はリアルタイムで見てましたが、あんまりおもしろくないなあーって思ってた。亮ちゃんが出たから見るけど。脚本が面白くなかったのかな?あんまりキュンキュンしませんでした。

 

でもまあ、エイト自体すごく売れているし、ここで爆発的に売れる必要もなかったのかもしれませんね。

大河とか見たことがないですが、1月からはかぶりつきで、西郷どんを見たいと思います。

 

ああーー!そういえば、「応答セヨ」エイト限定盤が全然予約できないのです。発売前なのに、プレミアついてるし。はあ、動くの遅かった。

| レコメン レポ | 00:47 | comments(3) | trackbacks(0) |
ジャムでの楽曲提供 「今」振付裏側

またまた、関ジャム燃焼中から、アルバムジャムに収録されている「今」の振り付けについて書き起こしです。

「今」は、手話が多い振り付けだなーと思っていて、何かタイアップでもあるのかと思いきや、そうでもなかった。(フジテレビ系『FNS27時間テレビ にほんのれきし』テーマソングにはなっていたけれどね)

続きを読む
| 番組レビュー | 21:14 | comments(5) | trackbacks(0) |
<< | 2/151PAGES | >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
  • GR8EST大阪追加公演 遠征日記♪やっぱりアフタヌーンティーが大好き!
    はるか (12/11)
  • GR8EST大阪追加公演 遠征日記♪やっぱりアフタヌーンティーが大好き!
    くま (12/06)
  • GR8EST 大阪追加公演 追加公演に行ってきた!
    はるか (11/21)
  • GR8EST 大阪追加公演 追加公演に行ってきた!
    くま (11/20)
  • GR8EST 大阪追加公演 追加公演に行ってきた!
    はるか (11/20)
  • GR8EST 大阪追加公演 追加公演に行ってきた!
    りっく (11/20)
  • GR8EST 大阪追加公演に行けることになりました!
    くま (11/16)
  • GR8EST 大阪追加公演に行けることになりました!
    はるか (11/12)
  • GR8EST 大阪追加公演に行けることになりました!
    りっく (11/12)
  • GR8EST 大阪追加公演に落ちた話
    くま (10/25)
OTHERS